パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

プロフィール

2007年12月、1stブログ開設

無職でパカ http://bakao2007.blog21.fc2.com/


【開設当時のプロフィール】

名前:バカ男(BAKAO)、読者の方々から『名前が呼びずらい』というご意見を頂き、パカ男(PAKAO)に改名。タイトルも『無職でバカ』→『無職でパカ』
年齢:28歳(1979)
職業:無職ニートひきこもり
学歴:底辺高校卒
職歴:なし
性格:小心者
身長:161cm
彼女いない歴=年齢
性交:真性童貞


【時系列】

1979年誕生、生まれた瞬間からあらゆる要素が人より劣っている&なまけ体質で底辺人生が約束されていた
     ↓
1998年3月、高校卒業・以来、10年ひきこもる


1979年から2007年までの経歴は下記をご覧ください

経歴1 http://bakao2007.blog21.fc2.com/blog-entry-19.html

経歴2 http://bakao2007.blog21.fc2.com/blog-entry-20.html

経歴3 http://bakao2007.blog21.fc2.com/blog-entry-21.html


2007年12月、1stブログ、無職でパカ(2007年12月~2009年12月)開設
     ↓
2008年1月、工場バイト開始
     ↓
2008年5月、病により工場バイト退職
     ↓
2008年6月、病は女性への欲求が満たされないのが原因だと思い込み、それを満たすべくナ●パをやる
     ↓
2008年10月、ゲーセンバイト開始
     ↓
2009年3月、資格・危険物乙4合格
     ↓
2009年9月、資格・2種電気工事士合格
     ↓
2009年9月、ゲーセンバイト退職、就職活動開始
     ↓
2010年1月、2ndブログ、パカ男きこう、開設
     ↓
2010年2月、初めての就職(正社員)・入社してみたらビ●メソ業界最凶クラスのDQNブラック企業だった
     ↓
2010年11月、家を出る
     ↓
2011年1月、M字ハゲに気づく
     ↓
2011年11月、初めて彼女ができる、初手繋ぎ、初キス
     ↓
2011年12月、初彼女にフラれる
     ↓
2012年3月、退職(2年勤務)
     ↓
2012年4月、職●●●校入校(1年制)。彼女できる、童貞喪失
     ↓
2012年6月、彼女と別れる。資格・消防設備士乙4合格
     ↓
2012年11月、資格・建築物環境衛生管理技術者合格
     ↓
2013年3月、職●●●校卒業。2社目となるビ●メソ会社に再就職(自分で見つけた)、配属先のビ●管に選任される
     ↓
2014年2月、ハゲ薬・フィンペシアを飲み始める
     ↓
2015年4月、資格・消防設備士乙7合格
     ↓
2015年8月、資格・2級ボイラー技士合格
     ↓
2016年1月、2社目を退職し、3社目となるビ●メソ会社に転職
     ↓
2016年10月、資格・1級ボイラー技士合格

コメント

タイトルが変わっても呼びにくいけれど、パカ男さんと呼んでも大丈夫という事でなのしょうか?
「パカ男きこう」は色々な意味に取れる(=色々な内容に対応出来る)良いタイトルだと思います。
前向きに捉えると(就職へ向けての)パカ男騎行,とも取れますし。
それでは、良いお年を。

>ヴィルメン志願者さん

これからもパカ男でよろしくです^^
「騎行」ってカッコよくていいですね!
今年はいい感じに走っていけたらと思います!
ヴィルメン志願者さんにとっても良い年になりますように。

すごい、めっちゃ頑張ってるやん
俺も頑張らないと

>もっこり太郎さん

ありがとうございます^^
お互い、がんばりましょう!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>管理人のみ閲覧できますさん

前者です。

凄い頑張ってますね
ツイキャスやってます

>ばっくれ太郎さん

調べてみます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pakao.blog104.fc2.com/tb.php/2-58948da3

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2Ad

    Template by たけやん