パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

とある勤務中の会話

今週、木曜


パカ男「お疲れさまです」

清掃のおばちゃん(68)「お疲れさまです・・・・・・彼女いるんだって?」

パカ「ふぇっ!?(いねーよw誰が言ってたんだ?」

おば「愕然としたわよ・・・」

パ「・・・(なに言ってんだ?)」

お「私と長井さんの娘にって狙ってたのよ・・・(このおばちゃんと他の清掃おばちゃんに娘がいるようだ)」

パ「はぁ・・・」

お「パカ山さんの歳聞いてダメだって思ったわ・・・(うつむく)」

パ「おいくつなんですか?」

お「39、長井さんの娘も」

パ「・・・」


しばらく娘さんの良さを語る

それが終わると息子の事を語りだし、41で独身で結婚する気もないらしい。

息子いわく、家庭を持った友達らが不幸に見えるそうで結婚したくないそうだ。

独立し一人暮らししている子供二人が結婚する気配がない、恋人もいないから親としては焦ってるらしい。

他のおばちゃんの長井さんには子供が4人いてみんな俺よりだいぶ上だが2人が独身らしい。


最近ネットのニュースで、いい歳して結婚してない、しない、できない、みたいなニュース記事をよく目にするじゃん?

で、今の20~30代の3人に1人は生涯独身というのも最近見た。

おばちゃん達の子供たちの話を聞いてみて、改めてマジでそういう傾向にあるんだなって思った。

俺みたいのは生涯独身の可能性がきわめて高いわけで、自分達の親の世代だと独身男は特殊な視線を受けてきたようだが、俺の世代では独身がありふれるわけだからそういうのは薄くなるんじゃないかな。

俺には日本人特有の「周りが~」「一定の年齢で~」というような心理は無いからいいんだけど、そういうのがあるけど結婚できずに焦ってる人にはいい傾向になってるんじゃないかな。


翌日の朝、出社して更衣室に入ろうとしたら、例のおばちゃんがふっと俺のもとに駆け寄り、「パカ山くんにだけだよ、食べちゃいな」と言ってガリガリ君をくれた(俺が来るのを待ってたみたい)

なんか意味があるんだろうか?w

男としての評価

今日の休日出勤は昼過ぎに終わったんで久々に渋谷によった。

渋谷の街に着いてすぐに俺はこう思った。

「渋谷ってこんなに沢山かわいい人いるんだー」って。

渋谷に居る間、ほんとどこ行っても凄くかわいい人が居すぎて驚いた。

まるで地方から上京してきた青年のようにね。

なんか前に行ってた時と印象がぜんぜん違うの。

ここしばらく女性を見向きもせず生活してたから感覚が変わったのかもしれん。


で、色々なお店に行ったんだ。

とある服屋に入った時、凄くかわいい彼女がイケメン彼氏の上半身にシャツを当てて「これいいねー」と言って選んであげてる光景を目にしたんだけど、すさまじく眩しかったw

あまりにも眩しくて土下座すらしたい気分になったw

なんというかね、俺みたいのはね、そういうリア充様たちの人生ドラマのエキストラなんだと思うんですよ。

通行人。

背景。


ついこの間、職場の警備のおじさんからなんの脈略もなしに突然こんなこと言われたんだ。

「お前は東大出てないんだから東大出てる女となんか結婚出来ないんだから鯛人でもピリピン人でもいいから結婚しろよ」

なんで例えとして東大が出てきたか不明だが、おじさんは遠まわしに「パカ山は結婚できるとしてもせいぜい日本国籍目当ての外国人しか無理」というのを教えて下さったわけ。

俺の今までのイメージではそういう外人と結婚する男性って40~50代ってイメージだったんだけど、三十路で言ったら初心者に入る俺がそういう評価だという事は、俺は男として相当終わってるんだなーと思った。

このおじさんは結構、筋の通ったことを言う人なんだけど、遠慮なしにズバズバ言うんで苦手な人多い。

俺は直接一緒に仕事しないってのもあって苦手意識はないから、そういう助言的な事を言ってくれるのをありがたく聞いている。


俺は壁に付着した埃のような人生でいいや。

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2Ad

    Template by たけやん