パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

近況

前回の更新からだいぶ空いてしまったけど、その間に何人かの女性と関わった(今も真性童貞)

23、24、25日はありがたい事に仕事はなく、予定もないから少しずつここ2ヶ月弱の出来事を書いていこうと思う。



しかし、ラブプラスの発売延期には愕然としたもんだw

クリスマスまでに彼女化してサンタコスプレとかさせたかったんでねw(そんなのないかもしれんがw)

しかも来年の2月14日発売とかw

彼女からバレンタインチョコもらえないじゃんw

あ、今書いてて気づいたんだけど、まさかチョコと抱き合わせでソフトを売るのでは・・・

A子さん その1

これから何人かの女性との事を書いていきますが時期が重なってるもんで自分でも時系列がこんがらがってる部分があるから一人ずつ書いていきます。



A子さんと出会ったのは11月3日に前に属してた部署の仕事のヘルプで大●学園に行ったときにナ●パしたのがきっかけ。

午前の作業が終わって昼飯を食べに駅横のファミレスとか入ってるビル目指してた時に駅前で自転車を横に人を待ってる様子のA子さんを見かけたんだ。

「あの人かわいいなー」っと思ったけど腹減ってたから声かけずに昼飯食べに行ったんだ。

で、昼飯済ませて現場に戻るべく来た時と同じ道に戻ったら、まだA子さんはいたんだ。

で、一度はA子さんの前を通りすぎたけど、もう一度戻って声をかけてみた。


パ「こんにちは」
A「はいっ!?」
パ「待ち合わせですか?」
A「そうです」
パ「僕今昼食食べてきて仕事場に戻るところなんですけど、30分前くらいもここにいましたよね?」
A「(笑)そうなんです、友達が待ち合わせ時間勘違いしてたみたいで(笑)」
パ「そうなんですか(笑)・・・・・あのですね・・・急なんですけど、タイプなんです」
A「えぇー!?」
パ「よかったらメルアド交換して頂けませんか?」
A「すみません、できません」
パ「では、僕のメアドだけ受け取ってください」
A「それなら」


こんな感じの会話だったと思う。

で、翌日、A子さんからメールがきて、メールでやりとりしたり、携帯番号教えてもらって話しながらアポ取りしたりした。

12月24日の日記

14時過ぎに新宿でナ●パするべく行ってはみたものの、一人でいる女性は待ち合わせの人&これから落ち合う雰囲気くらいの人しかいなくて、純粋に一人ってのは見当たらなかった・・・

というか、先入観なのかそんな感じがした。

平日クリスマスだと表情を見れば予定ある・なしがなんとなくわかるような気がするんだけどね。

休日クリスマスだから、まったく予定の無い女性は外出なんかするはずないよな・・・

しかし電車も街も普段と比べるとだいぶカップルが多かったし、日本のクリスマスはカップルのためのものなのだと再認識した。

それとクリスマス限定カップルなのかもだけど、ありえない組み合わせを結構見た。

で、これからさらにカップルが増えてくるんだろうなーって思ってたら、ベジータの「これからが本当の地獄だ」が思い浮かんだから新宿滞在30分で一人も声かけれずに帰宅した。

新宿の地理に疎いのにナ●パなんて無理があった・・・



アルタでキムタクとレーサー森が再会しててワロタw

20111224 a

A子さん その2

はじめはメールで会話をした。

A子さんは大学1年だった。

23歳くらいだと思ってたから驚いたw

よくそのくらいの年齢に間違われるらしい。

メールでやりとりしてるうちにアポれる雰囲気がしたから、アポ打診したらOkとの返事をもらえたから、その流れで携帯番号教えてもらって電話で詳細を話し合った。

で、後日、池袋で会った。

続きを読む »

B子さん その1

B子と知り合ったきっかけは仕事帰りにターミナル駅で乗り換える途中、見かけてナ●パ。

声かけてすぐ、「友達になりたいからメアド交換してください」、と言ったら断られたから、「タイプなんです、メアド交換してください」みたいなこと言ったらokしてくれた。

挨拶・交換・サヨナラまでで計2分くらい。

で、その晩にメールしたら返信きて、何日かメールした後、会った。

当日、駅前で待ち合わせしたんだが、予定時刻の5前くらいに「少し遅れる」とのメールがきた。

それから、10分くらい経った頃に「どこにいますか?」、というメールがきた。

経験則で今、B子はやや離れた場所にいて、俺の姿を確認し、場合によってはバックレようとしているのだと気づいた。

で、やや遠目を眺めてみると携帯とにらめっこしてる女性がいたから、B子だと確信し、話しかけた。(ナ●パした経験ある人ならわかると思うけど、ナ●パ時間が短いと女性の顔をうっすらとしか覚えてなくて確信・自信を持って再会できないって事あると思う)

「どうも」と声をかけたら、やや呆気にとられたような表情をし、挨拶してくれた。

そして予定通り飯食いに行こうとしたら、B子が「初めてなんでカフェで話すくらいにしたい」みたいなこと言うんでカフェに向かった。

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2Ad

    Template by たけやん