パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

9月9日の日記

今日は電験3種試験を受けてきた。

とは言っても全く勉強してない&俺の脳力では一生かかっても合格無理なんだけど、なんとなく試験はどんな雰囲気なのか体験してみたくて行ってきた。

1科目の理論だけ受けて帰宅した。

20120909.jpg


で、俺の中ではラスボス的な資格の試験まで1ヵ月切ったんだけど(10月7日)、やはり俺は勉強速度が遅い&理解力と脳定着率が悪いようで想定以上に勉強が捗ってない・・・

あと200時間はやらないと間に合わないから、時間を作るべく学校休むしかないようだ・・・

11年前

ニュース番組で「今日で同時多発テロから11年です」との報道を見て、当時の事を思い出してみた。

当時の俺の年齢は22歳。

同い年で高卒後、ストレートで大学に入学した人達は大学4年。

で、当時、ヒキコモリで部屋にはカレンダーもなく、すさまじい速さで月日が過ぎていく感覚の日々だった。

月日くらい意識・把握するべきだという意識はあり、部屋にカレンダーを置こうと2年以上前から、しょっちゅう思ってはいるんだけど、ぜんぜん用意できなかった。

家族に用意をお願いできるような精神状態でもなければ、そういう仲・雰囲気でもなかったし、ひきこもりだったことから外出するにはそれなりの覚悟が必要だったからだ。

今、思うと100円ショップにでも行けばいつでも1年中買えたのだろうけど、当時の俺は100円ショップにすら行ったことがなかった。

上で「すさまじい速さで月日が過ぎていく」と書いたけど、ひきこもり・ニート・長期無職の人なら、社会と離れた生活をしていると時間の進み具合が早く感じる経験があると思うんだけど、カレンダーの無い生活だとさらに加速するんだ。

で、当時、俺はマイPCは持ってなかったし、家のPCは家族共用なうえまだブロードバンドもきておらずダイヤル回線だった。

なので俺はインターネットはまったくやってなかった。

毎日、テレビとラジオで時間を潰す日々だった。

午後の2~3時頃に起床し、起床したら台所に行き、一気に一日分の食事を胃袋にかき入れる。

意識してその時間帯に起床してるわけではなかったんだけど、その他の時間帯だと家族に遭遇するんでベストな時間帯だった。

で、ようは一日一食で、起床時に3食分食べるわけ。

水分も一日でその時しか摂らない。

以後は自室で翌朝の4時頃まで寝そべりながらテレビとラジオで過ごす。

日曜の深夜はテレビ番組の終了時刻が早く、その後ラジオを聴くんだけど、ラジオも午前3時前には終わってたように思う(拾えるチャンネルがね)

で、日曜の深夜の就寝時刻のちょと前は何も時間を潰すものが無くて、なんとなく寂しい感覚があったと思う。

なので世間の情報はテレビとラジオから得ていた。

同時多発テロ当時は確かニュースステーションを観ていたと思う。

その番組での報道を観てから、色んなチャンネルを梯子した記憶がある。

で、当時の俺は将来の事はまったく考える気にもならなかったし、30代を迎える前に氏んでいると思っていた。

そんな感じでした。

9月25日の日記

今日は半袖だと肌寒い、秋のはじまりを感じる陽気だった。

つい、この間までは暑さで度々、具合が悪くなって帰宅すると寝そべって数時間動けないってのがよくあった。

なので帰宅後に勉強が出来ない事が多かったけど、これからは涼しくなる一方だからそういうのは無くなると思われるが、こういう季節の変わり目はカゼひきやすいから気をつけたい。


次の更新は10月7日以降になります。

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2Ad

    Template by たけやん