パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

9月1日の日記

電力だけ受けてきた。

全問、問題を読まずにテキトーにマークした。

解答速報によると30点で不合格(100点満点の60点合格)

でね、思ったんだけど、自力で40点くらい取る学力があれば、残り20点は消去法と勘でなんとかなるんじゃないかな。





プロ野球でヤクルト・バレンティンが年間ホームラン数を60本を余裕で超えるペースで打ってて、例のごとく四球攻めされはじめてるじゃない。

でね、四球攻めを利用してヤクルトの勝率を上げる打順を考えた。


1番 バレンティン
2番 バント上手い人
3番 誰か
4番 誰か


でね


1回の攻撃

1番 バレンティンが四球でランナー一塁
2番 送りバント成功でバレンティン二塁
3番or4番がバレンティンをホームに返す


このような打線の組み方をすれば1回の攻撃で得点できる可能性がかなり上がる。

初回の攻撃でノーアウトランナー一塁ってのは結構高い確率で得点につながるんで。

ヤクルトが最下位脱っするにはこれしかないんじゃないかな。

あと、クライマックスシリーズ進出が無理だからこそバレンティンを1番にして打席を増やしてあげる事も出来なくもないよね(1試合5四球とかありえるがw)

勝率も上がるしでかなり良い案じゃないかな。

日本人監督じゃ無理かね。

今、なんとなく、久しぶりに「ひきこもり」でググって、ガチヒキ時代に見ていたサイトを見たり、探したりしてたら息苦しくなって外に飛び出したくなった

男の価値

『男の価値』について俺の個人的な考えを書いてみます。


下記の2名の独身男性がいるとします(プロフィールの細かい部分は省略)


Aさん、34歳、会社員、年収700万円、彼女いない歴34年、童貞

Bさん、34歳、無職(職歴なし)、女が途切れた事がない


一般的な基準だとAさんがBさんよりも上と評する人が多いだろうけど、俺はAさんよりもBさんのほうが男として価値が上だと思うわけです。

理由は生物は雄も雌も子孫を残せる者、子孫を残せる可能性が高い者のほうが優れているだろうから。

話しがズレるけど、俺はAさんにもBさんにも当てはまらず、どちらにも劣るし、子孫も残せないし、理由は省略するけど俺のような雄として弱い人間がこうやって生きていられるのは先進国に生まれたからであるわけで、途上国に生まれていたらこんな年齢まで生きていないだろう。



で、また例えだけど、


Aさんは生涯独身で生涯童貞だが生涯で税金を1億円納めるとする。

Bさんは一銭もお金を稼いだことがないけど複数の女性に子供を産ませているとする。


で、俺はBさんのほうが雄として優れていると思うわけ。

でね、異性を魅了する能力というのは、人によっては努力でどうにもならない(伸ばせない)事もあるし、ほとんど努力しなくても女性を魅了できてしまう人もいるわけ。

だいぶ前に読者さんから『就職するのと彼女作るのとではどちらのほうが難しいですか?』と質問された事があるけど、俺の場合は彼女作るほうが圧倒的に難しい。

今就いている職業は下層に分類されているものだから他の職業とは就職難易度が異なるかもしれないけど・・・

で、俺にとっては就職するよりも彼女作ることのほうが100倍以上難しい。

ダメブログで無職だけど彼女がいる男性っているけど、俺からすると凄いって思うし、尊敬する。

俺が無職だとして彼女が出来るとは思えんというか、過去の経験上無理。


あとね、紙幣に価値が無くなったり、文明が崩壊したりした時にAさんとBさんのどちらが長く生きられる(生存できる)かというと、理由は省略するけど俺はBさんだと思うな。

文明というようなものが存在しない国にAさんとBさんが放り出されたとしたら、Bさんのほうが長く生きられる可能性が高いと思う。

以上、支離滅裂な文章でした。

これは悩みなんだろうか

自分の中で認めたくないから、自分で自分をごまかしてるというか、うやむやにしてたんだがもしかすると軽いパニック障害かもしれん。

3年半前にはじめて就職して間もない頃に、照明を持ちながら暗くて狭い機械の中に小柄な男性が一人、なんとか入り、かがんだ状態で作業をするってのがあったんだけど、入ろうとしたら気分が悪くなるというか息苦しくなって軽いパニックになった事があったんだ。

で、幼少の頃に親が掃除なんかをするときに、俺が邪魔だから押入れに押し込み、扉を閉めて閉じ込められるってのがちょくちょくあって、いつも俺は真っ暗で怖くて泣きわめいたもんだ。

それが原因なのか閉所恐怖症みたいなのが前々からあり、暗く密閉された空間が苦手だった。

で、3年半前は閉所恐怖症が原因だと思ったし、その時々によるが仕事で狭く密閉された空間に入る前はドキドキしたもんだ。


で、つい最近まではただの閉所恐怖症だと思っていたんだが違うような気がしてきた。

きっかけは今年の7月の浴室での出来事。

いつものように頭を洗うべく、頭からシャワーを浴びてたら息苦しくなって浴室から飛び出し、横たわった。

外に出て、外の空気を吸いたかったが裸でびしょ濡れなままアパ-トの通路に出るのは無理なのもあってそれはできなかった。

症状は頭を洗う時にシャワーを頭にかけている時に起きるようだ。


去年の初夏頃から自宅や電車などで突然息苦しくなって、精神もおかしくなりそうな感じが込み上げてきて外の空気を吸ったり、横になったりしないとどうしようもないというのが時々あり、特に症状の出だした昨夏は週に数回の頻度であった。

特に電車に乗っている時は運行中に急停車などで線路上で立ち往生したりすると意識が飛びそうになる(閉鎖空間に閉じ込められる恐怖感で)

今年は職場でも何度か息苦しくなった。


そして今年の7月は仕事が忙しかったんだが、ストレスの影響なのか浴室で息苦しくなる症状が出た。

どうやら狭いユニットバス内にいるというのが閉所恐怖症を再現するようで、それにストレスも合わさってパニクルようだ。

それ以来、自宅でシャワーを浴びる時は症状が出ないか不安で仕方ない。

通常は頭から洗い、下に向かって順次洗うんだが、今はまずは首から下を洗い、深呼吸し、精神を落ち着かせ、覚悟を決めてから最後に深呼吸しながら頭を洗ってる。

7~8月は何度も息苦しくなったり、酷い時は全身が痺れたが、9月に入ってからは一度だけ軽く息苦しくなっただけだ。

これがいつまで続くかわからないけど、解決策はある。

おそらく屋外の解放されたところでシャワーをかぶるぶんには息苦しくならないと思われる。

第一の原因が狭い浴室内というシチュエーションなわけだから。

読者さんの中に広い浴室、または屋外にお湯の出るシャワーをお持ちの女性がいらっしゃったら俺を飼って頂けませんか?


精神科に行けば症状を抑えられる薬を処方してもらえると思うけど、薬を飲む事で根本的に治るわけではないから薬を飲むつもりはない。

症状が緩和するように気分転換やストレスを発散する方法をみつけていこうと思う。

9月7日の日記

ラゾーナでのモ娘。のイベントに行ってきた。

握手券はゲットできなかったけど、昨年のone・twot・hreeの時の経験を活かし、結構いい場所からライブみれたんで満足。

やはり昨年と比べるとだいぶ女性ファンが増えたと感じる。

特に10代女性が多い。

明日からの仕事も頑張れそうだ。

年内の目標

今年も残り100日ちょとになったのに気づいたから、せっかくだから残りの年内の目標を掲げてみる。

目標は下記の3つあるが連動性はあっても無くても良いものとする。



・勤務先の建物のテナントの女性従業員の誰かとお茶する

・彼女をつくる

・セク●スする



俺のストレス要因で最も割合が高いのが「女性への欲求」だから、これらを1つずつ達成していければパニパニの症状も良い方向に向かっていくと思われるから行動してみるつもり。

過去にやってきた行動(方法)は主にネットや本で得たものを参考にしたりで人様を見習ってきたわけだが、これからは自分なりの自分に合ったやり方を模索ではなく、自然に見つけ身につけていけたらと思う。

2020年に向けて

東京五輪が決定してからテレビなんかでよく、「2020年、あたなはどうなってますか?」、みたいなのあるじゃない。

俺はその頃は40過ぎになってる。

で、その頃の俺は独身で今の職種を続けてて年齢が増えていくだけで、今とさほど状況に変わりはないと思う(親が老いているが)

でね、俺としては40歳くらいまで生きれば十分だと思ってるんだが、もしも2020年以降も生き続けるのであれば、2020年の五輪の時点で最も理想的な状況は『無職』であることだ。

ただし、例えば女性が俺を養ってくれてるとかね。

元々、10年以上、無職ニートひきこもりだったからできれば労働したくないw

これについてはここ最近すごく色々思うものがあってね、アイドルのイベントなんかに行くと平日にもかかわらず、俺なんかよりずっと大人な男性たちが毎回出席の皆勤賞なんだよね。

裕福な家庭に生まれたんだか、生活保護なんだか知らないけどね、急に告知された好きなアイドルのイベントに行けるとか羨ましくてしかたない。

26日だって急にモ娘。のアルバムリリースイベントやることになったしね。

俺は仕事でいけないが・・・

でね、俺は仕事をしてるのもあってイベントに行けないのが非常にもどかしいんだ。

なので、俺を養ってくれる女性を見つけ、捕まえたいわけ。

夫の稼ぎで男性アイドルを追っかけたり、亭主を日本に置いて海外旅行に出かけたりする妻と立場が逆転するだけ。

日本では男性が俺のような思考だとなぜか批難されるがね・・・

そんなに贅沢は望まないのでなんとかしたいものだ。

とりあえず、2020年までに『無職』になることを目指す。

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2Ad

    Template by たけやん