パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

そのお話しは・・・

今日、祖母宅に行って二人でお茶雑談してきた。

そろそろ帰ろうかと思った頃にお約束のありがたいお話しをして下さった。

「弟二人は結婚したんだし、パカ男も結婚してひ孫を1~2人見せてくれ、それを見届けさせてくれ」、みたいな事を繰り返し言われた。

俺は心の中では「もう手遅れだよ」と思ってはいたけど、祖母にそれを言ってしまうと悲しむというか絶望するだろうから言わずに、無表情で「はい」「はい」をひたすら繰り返して聞き流した。

祖母は春に軽い脳梗塞やってからは先が長くないと思ってるようで、なんだか俺の将来に対して焦りのようなものがあるように感じる。

病気の後遺症もほぼ無いし、まだまだ大丈夫そうに思えるんだけど、病気をしたからこそ、祖母はそういう気持ちになるのだろうな。


俺、もうどうしたらいいのかわからない。

そもそも人生40歳くらいで終えたいと思ってるくらいだし。

ヲタ活も一区切りついたし、祖母のためというのを理由にとりあえず彼女作りでもしてみるかな。

すげー難易度高いけど・・・

なんて考えたりしてる。

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2Ad

    Template by たけやん