パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

なんとかならんのか

ハ□プロの会報やチケットは青い封筒に封入されて配達されるんだけどね。

通称「青封筒」

会報の封筒については問題ないんだけど、チケットの封筒には問題がある。

チケットの封筒の宛先の名前の下にコンサのアーティスト名、公演名、座席が印字されてるのよ。


futiu.jpg


なので開封前にどこの席がきたかわかるわけ。

開封してはじめてわかったほうがいいって人には迷惑なんだろうなあ。

それと配達時に受け取った人に封筒の中身がわかってしまうんだ。

家族にヲタ隠ししたい人には厳しい仕様となってる。

ハ□プロのコンサやイベントのネーミングってキワドイのが多いから家族に見られたら辛いものがある。

29年ぶりの真実

先日、某課長がTVゲームに挑戦する番組を観たんだけどね。

初期の放送回ので約11年前のだったの。

で、FCの魔界村に挑戦してたんだけどね。

魔界村は俺が小学校入学の一年前に発売されたソフトで、俺が出会ったのは小学校1年の時だったと思う。

で、小学生のうちは俺には難しすぎて何回やっても、1面のレッドアリーマーまでしか進めなかった・・・

俺は今までずっと1面のボスはレッドアリーマーだと思ってたんだけど、今回この番組を観て初めてそうではなく、本当のボスが先にいるのだと知った。

しかも魔界村は2週目をクリアしないと真のエンディングを迎えられないとか初めて知ったわw

鬼畜すぎるだろw

俺のTVゲームのテクニックのピークは中学生の時なんだけど、その時でも魔界村はクリアできるとはとても思えん。

グラフィックや音楽をはじめとした世界観が独特で小学生当時の俺にとっては暗くて気味の悪い奇妙なゲームに思えたもんだ。

俺にとってトラウマ的なゲーム。

5月27日の日記

20150507.jpg


春ツアーの千秋楽入ってきた。

千秋楽用のキツイセットリストだったからなのか、終演間近にもなるとMCで声がかすれてたり、踊りがヘロヘロ気味になってたりしてるメンバーがいたが、それでも皆手を抜かず、出来る限りの力を振り絞り、出し切り全力で精一杯がんばっていた。

終演を迎えるとメンバーの表情には新体制、初のツアーをやりきったという達成感がにじみ出ていた。

歴史のあるグループを若い人達がとても重いプレッシャーを背負いながらやってきたのがひしひしと伝わってきた。

推しメンの居ない娘。のコンサートに入るのは初めてで、開演前は他のグループのコンサに入るような感覚だったんだけど、開演して時間が経つにつれ引き込まれていった。

メンバーのうちの半数以上がグループの結成後に産まれた人達なんだが、そのような若い人達が歴史を背負って精一杯パフォーマンスする姿に感動した。

過去に入ったコンサでは推ししか見てなかったから、他のメンバーがいかに頑張っているのかなんて考えもしなかった。

案の定、お目当ての方は来なかったけど、とても満足感のあるコンサートだった。

秋ツアーの千秋楽も入りたいと思う。

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2Ad

    Template by たけやん