パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

2016 新年

あけましておめでとうございます。

ブログを始めてから9回目の元日を迎えました。



1回目の元日は10年におよぶ、引きこもりニート生活の真っ最中で一念発起するべくアルバイトを探し始めたところ。

2回目はフリーター。

3回目はバイトを辞めて就活するも上手く行かず先行き不透明で精神的にヤバくなりつつあったところ。

4回目は初めて就職してあと1ヶ月で勤続1年というところ。

5回目は就職してあと1ヶ月で勤続2年というところ。

6回目は1社目を退職し、職●●練中というところ。

7回目は再就職(2社目)して勤続9ヶ月強というところ。

8回目はもしかすると他社に転職するかもしれないというところ。

9回目はもう間もなく現職(2社目)を退職し、3社目(最後の勤務先にしたい)に転職というところ。



今年はいくつか目標を立てます。


①1月下旬の消防甲4に合格する。

②新たな勤務先の業務にできるだけ早く順応する。

③女性との接点を持つ。



今年は例年よりも頑張るつもりなんで何とか①と②は必ず達成したい。

そして今年も平穏に静かに日々を過ごしたい。


今年も当ブログをよろしくお願いいたします。

1月2日の日記

母方の祖母宅の新年の集まりに行ってきた。

祖母が元気で良かったの一言につきる。


弟は2人とも結婚してて1号には子供が2人いて、2号も子供欲しいとかそういう話題で盛り上がるんですよ。

弟は従兄弟全員と交流があり、誰ぞれは3人目が生まれたとかそういう話題も出る。

要は俺の世代は、俺以外はみんな結婚してて子供も弟2号以外は居るわけ。

こういう話題の時、俺はいつも以上に寡黙になる。

祖母から「パカ男も結婚しな!お願いね!」とか、ぶっ込まれるんじゃって冷や冷やだからねw

とりあえず、今回はそーいうフリはなかったので助かったw

新年早々、場の空気が微妙になるのは辛いからねw

今の時代、子供のうち、3人中2人が家庭を築けてれば充分すぎるくらいじゃないの。

祖母や親は胸張っていいんじゃないのって思うよ。

ふと思った

1つ前の記事でふと思ったことを書く。

従兄弟が6人か7人いるんだけどね。

1人の女の人の名前を思い出せないというか、正確には忘れたw

あと、冒頭に従兄弟が6人か7人と書いたけど、1人あやふやなんだよね。

名前を忘れた女の人に弟がいたような気がするんだけど思い出せないw


俺が従兄弟の名前などを忘れているように、従兄弟達も俺の名前や存在を忘れてると思うw

ちなみに俺は従弟達が今、どの都道府県のどのあたりに住んでいるのかとか一人もわからん。

もちろん、一人も携帯番号やメルアドも知らん。

そんな感じです。

われおもう

某女性芸能人が不倫したとかで取り上げられてるじゃない。

でね、ふと昔からよく考えてた事を思い出したんだけどね。

ネットの記事なんかでよく「恋人いますかアンケート」みたいのあるじゃない。

で、女性のほうは男性と比べると恋人います比率がだいぶ高いじゃないの。

誰でもわかってる事だけど、モテル独身男性やモテル既婚男性が複数の女性と同時に交際してるんだよね。

女性は、彼氏にとって自分は複数いる中の一人であるのを自覚してるかは不明だけど。

でね、俺としてはモテル男性が複数の女性と同時に交際するのは正常だと思ってる。

教養が無いから具体的な例は挙げられないけど、動物の中には一夫多妻が当たり前な種類もいるじゃないの。

人間も一夫多妻が認められてる国、民族があるけど。

現代の日本では基本的に経済力の高い男性がモテルと思うんですよ(他の要素でモテル人もいるけど、今回は最も最大勢力な経済力に絞ります)

年収が2,000万円を超えると殆どの男性が結婚を経験するそうです。

で、経済力の低い男性は恋人がいる率が低く、結婚率も低い。

でさ、俺が思うにモテル男性、モテル女性は恋人が複数人いるのを容認されるというか、そういう状況がごくごく当たり前、普通である社会にするべきなんじゃないかって思う。

既婚者でモテル男女が不倫するのも当たり前、ごく普通である社会にするべきなんじゃないだろうか。

特に経済力のある男性には年収が3,000万円を超えたらもう一人、妻をもうけて良いと法律を変えるとかさ。

ただし、過去3年規定の年収を維持している事が条件、とかね。

年収6,000万を超えたら3人目、1億を超えたら4人目とかさ。

経済力の低い男性は統計的に子孫を残すことが難しいのだから、女性にとって魅力的で子孫を残す能力の高い、経済力の高い男性に一夫多妻を認めるほうが少子高齢化や経済成長にプラスになるんじゃないだろうか。

経済力の高い男性限定で一夫多妻制を認めることで経済力の高い男性の間で妻を何人もうけるかというのが見栄やステータスに自然となっていくと思う。

そういうのが自身の経済力を更に高めようとするモチベーションとなり好循環が生まれるんじゃないかな。

とにかく、モテル男女は多数と恋愛、セ●クスしてお金を遣いまくってくださいって思います。

観賞

昨晩、深夜アニメを2つ観たんですよ。

新しいので1話からでさ。

まずは、僕だけがいない街、というのだったんだけどね。

漫画が評判が良いのは知ってたんだけどね。

面白かった。

でも、1話終盤の展開を観て、「アニメ1話の終盤の展開からしてストーリーは相当長いな、漫画は連載がまだ続いているようだし完結まで追うのは辛いな」という気持ちになってしまった。

面白いんだけど2話を観るかは不明。

この年になると完結しているものでないと厳しいものがある。


2つめは、だがしかし、というの。

駄菓子が主要なテーマのようで昔食べていた懐かしい駄菓子が登場するのでそういう点については楽しめた。

ヒロインが泥まみれになり、シャワーを浴び、バスタオルで体を拭いているシーンがあったんだけど、脇役の男性キャラが偶然、ラッキースケベでその状況を見てしまうというシーンがあったんだけどね。

某掲示板のスレを観たら、「ヒロインの裸を主役の男以外に見せるとかありえん」という真剣な意見が結構あった。

世の中、様々な視点があっておもしろいなーと思った。

昔の記憶が

今、アニメ・ドラゴソボールを観てたのよ。

でね、フリーザがクリリンの胸を角で貫いたのよ。

で、クリリンの血が角を伝ってフリーザの口元に流れたきたのよ。

するとフリーザは口元の血を舌でペロッと舐めたの。

その描写を観て、高校1年生の時の記憶が蘇った。

濃い読者の方なら俺が底辺高校の出身でヤンキーからイジメられ、パシリにされてたの知ってると思うんだけど。

でね、ヤンキーの誰かの家に居た時にイケメンヤンキーがナイフで遊んでたら左手の人差し指の先を切って出血したのよ。

すると他のあるヤンキーがイケメンの一指し指を持ち、にこやかな表情で俺の目を見つめながら指先の血を舌でペロッと舐めたのよ。

俺はビックリするよりも、引いた・・・

更にあるヤンキーはイケメンの指先を口に咥えチューチューやりだしたの。

鳥肌が立った・・・


そんな事を思い出した。

しかし、あるヤンキーは他人の血を吸ったことで何か病気を貰ったりしなかったんだろうか・・・

今、思い出しても何とも言えない気持ちになる・・・

今、思うとヤンキー達は変人ばかりだったなー

仕事でも相当な変人達と働いてきたけど、そういう人達とはまた別次元の変人達だったなー

俺はいつか氏ぬんじゃないかという緊張感が常にあったなー

良くも悪くも懐かしい記憶だ。

見覚えある後ろ姿

今の勤務先の社印を押してもらいたい書類があって返信用封筒を添えて先月お願いしてたんだけど、いつまで経っても返送されないから、電話で「今日そちらに行くので用意しといて下さい」とお願いし、本社に行ったら受付に前の勤務先の元上司がいてかるーく驚いたw


元上司「今、●×さんで?」
パカ男「はい、そうです(もうすぐ退社だけど)」


みたいな会話してたら元上司の取引相手来たんで礼してサヨナラした。

今の勤め先の仕事を請けてるとは知らんかった。

同じような規模の会社同士なのにそういう事ってあるのだなーと勉強になった。

ほけん

もうすぐ退職で保険証を会社に返却しないといけないんだけどね。

でね、次の会社に入るまでの間が10日くらいあるの。

で、国保について調べたら日割り無いみたいで、10日間だけだとしても1ヶ月分支払わないといけないみたい。

それと年金も。

10日間、なるべく外出せず、インフルもらったり、転んだりしないように気をつけるしかないのかなぁ。

勘違い

某掲示板でハ□プ□?のネット番組がリニューアルしてGirls Night Outというのになり、その番組内の街歩き企画が好評らしいのでその部分だけ観てみた。

ちなみに前番組のGREEN ROOMというのは観たことない。

でね、その番組を観てて今まで勘違いしてたことに気づいたの。

下の画像の右のフナキさんの着ているコートなんだけどね。

68ijl.jpg

今までそのコートに似た物を着ている女性を何度も見たことがあるんですよ。

でね、俺はそういうコートを見る度に「ずいぶん長く着込んでるんだな」と思ってたのよ。

よっぽど愛着があるんだか、他の物を買うお金がなくて生地がボロボロになってるのに着続けているのだと。

で、先述の番組を観ててフナキさんの着ているコートはどう考えても衣装で新品だから、もともとあのような生地・素材なのだと気付き、今までずっと勘違いしていたのだとわかったの。

そんなところです。

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2Ad

    Template by たけやん