パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

B子さん その2

B子と落ち合い、カフェに向かうべく歩き始めてたら、B子は真っ先に俺の職業、学歴、出身地などの基本情報というかスペック的なのを事細かく質問してきた。

で、カフェに着き腰掛けたら、今度は俺が質問し返した。

B子は21歳でエステシャン。

今春(2011.3)、専門学校を卒業してからエステ店に勤めてるらしく、聞いた限り相当なブラック。

離職率が高く、実質B子が一番下で一年も経験がないのに新人の教育をさせられてるそうだ。

趣味というか一番好きな事は「ファッション」だと言っていた。

なんでメアドを教えてくれたのか聞いたら、職場が新宿だからよくキャッチとかに声かけられるんだけどそういうのはいつも無視してるんだけど、俺が声かけたときは準ターミナル駅だったからちょと油断したみたいなこと言ってた&しつこかったから、とも言っていた。

そんなしつこくした覚えないからたぶん言い訳なのだと都合よく解釈したw

あと、メアドの交換に慣れてるとも言われたw

B子と話せば話すほどリア充だなーって思った。

それと、B子は職場でだいぶ年上なおねーさん達に囲まれて働いてるからなのか、21歳とは思えないほど将来について考えてたし、男とか、結婚とかに関する細かいこと、現実的なことを見据えていた。

で、21歳にして将来の結婚相手を探してるようなんだ。

色々な話を総括すると公務員、車持ち、都心の一軒家持ち(相続権)、性格良し、ってのが最低条件のようだ。

B子がそういう人をゲットできるか知らんけど、でもね、よくよく考えてみると条件の良い男をゲットしたかったらB子くらいの年齢から探してないと遅いんだろうなって思った。

女性の場合は若いほど市場価値があるわけだから、若いうちに頑張ったほど望んだ結果が出る可能性が高くなると思われる。

職場が女性ばかりだから就職してからはあまり出会いがないと言ってたけど、プライド捨ててそれなりの大学に通ってる友達に男を紹介してもらえばいいのにって思ったな。

それが近道でしょ。

で、会った早々からそういう話しばかりだったから気が萎えたんでカフェに入った時点で1時間以内に終わりにするって決めたんだ。

で、45分経ったくらいにB子がトイレ行ったから、帰ってきた時にお開きにした。

B子が乗る路線の改札近くまで見送り、別れ際に一応、また会いたいと言ったらB子は少しはにかみながら「こういうお茶とかだったら」と答えた。

その後は連絡してない。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pakao.blog104.fc2.com/tb.php/138-3aba37c7

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2Ad

    Template by たけやん