パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

最後の資格

大企業子会社のビ●メソ会社への就職を目指してたけど、それにこだわらず、給与が安くても勤務地の近さと仕事がゆるく帰宅後に勉強する余力が残りそうな現場への就職を目指そうかと考えてる。

元々の目標は達成できない事もないだろうけど、それよりも資格を取る努力をしようかなと。

通称・ビ●管という資格を昨年末に取ったんだけど、それは俺が取れる可能性のある資格の中で最も難しいものだと思っていたし、人生最後の資格だと思っていた。

それが取れた事で何もかもヤル気がなくなり、無気力になったほどだ。

だけど、最近になって電験3種に挑戦しようかと思うようになった。

理数がからっきしダメなんで何千時間勉強しようと一生合格は不可能だと前々から思ってたし、今もそう思ってるんだけどね。

だけど挑戦しようかと。

前の勤め先でこういう話しをしてくれた方がいるんだ。

「37歳でこの仕事に就いて、37から電験受けて39で合格したんだけどね、取ってからがスタートで普通自動車免許みたいなもんなんだよね、パカ山君はまだずっと若いんだからそんなに急いで資格取らなくてもいいんじゃないかな」

当時その人は45歳でエネ管、ビル管、1種電工やその他の誰でも取れる基本資格も一通り持っていた。

でね、俺の場合はその人みたいに頭良くないから少しでも若くて脳がもっと劣化しないうちに電験に挑戦したほうがいいんじゃないかって思うんだ。

挑戦せずに40代になり、「30代で今より頭が冴えてた頃にやっとけばよかったな・・・」なんて後悔したくないし。

ちなみにやるとなったら算数からやり直すことになる。

で、なんで電験の勉強をしようと思い立ったかというとね、ビ●メソって世間的には下層の仕事らしいんだが、それでも昨今の社会情勢のせいなのか、求職者が多いらしく、俺が主に見ているネットの求人サイトに掲載されている求人の応募条件のハードルが年々厳しくなってて、普通に「理工学部卒以上」「電気学部卒」とかっていう学歴条件がある。

今後ますますそういう応募条件、求められる人材の条件が厳しくなっていくのが容易に予想できるので底辺高校卒の俺は学歴に代わるものを備えないといけないと思うんだ。

なので電験をって思うわけなんだ(ちなみに電験を持っていると世間の基準での高給取りになるのは難しいかもしれないけど仕事には困らないしそこそこの給与を得れます)

それにずっと独身でやっていくわけで人に頼れないから生きている限りずっと働かないといけないから少しでも失業する可能性を下げるために取らないとって思うんだ。

仮に30代後半で合格したとして電験3とビル管があれば大企業子会社への転職だってまだ可能だろうしね。

これらはまだ確定的ではないし、今後の身の振りによって変わるだろうけど、頭の中にそういうのがある。

コメント

パカ男さんは生涯独身を謳う一方で結婚を意識されてるような感じがしますね!

僕は勉強さぼってばかりで頭は錆びつく一方だな・・どんな分野でもいいから頭を鍛える意味で勉強しなくちゃなー、と考えております。

パカ男しっかりしているな、ビ●管だけでなく、更に目標を持っていてしっかりしている

>夜底さん

結婚意識してるのはあると思います。
俺も仕事しながら勉強できるかわからんですw



>moさん

目標を見失なわないようにやっていきたいものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pakao.blog104.fc2.com/tb.php/199-6c6be8c8

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2Ad

    Template by たけやん