パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

いつわり

就活するうえで過去の経歴をどうしてるのかってのを書こうかと思ってたとこにちょうど読者さんが質問下さったから書いてみる。

3年前に初めて就職したときはもちろんやったし、高校卒業してからずっとバイトしてた事にした。

採用してくれた会社では面接時もだし、就職後も特に過去の職歴について深く突っ込んで聞いてくる人はいなかったし、やや深めに聞かれてもテキトーにつくろって凌いた(ナ●パの成果w)

世間の人たちは、俺(他者)の過去なんかそんなに関心ないんで、現在ひきこもりの人とかもあまり気にしないで飛び込んだほうが良いというか、良い方向に進む可能性が高いと思われます。

時間が経てばそういう事に悩み、こだわってた事がバカバカしく思える時が来ると思います。

あと、ビ●メソ会社だから警備部門もあるわけで、初めて就活してた時に読者さんが「ビ●メソ会社は警備もやってるから身辺調査ある」ってアドバイス下さったけど、前職の会社は少なくとも現場要員の警備さんは身辺調査してない。

前職では社内コミュニティみたいのを使ってたんだが、その中に警備員の採用時の規定みたいのがあったんで見てみたら身辺調査の項目はなかった。

唯一あげるなら、本社の入っているビルの警備員を採用する時は面接官を2名以上にする、というものだけだった。

ちなみに社内の警備さんで前科持ちは普通にいた。

すぐ辞めるかもしれない現場要員にお金のかかる身辺調査なんか独立系ビ●メソではやらないんじゃないかな。

で、話しが俺に戻るけど、前職ではそうやってたわけ。

そして今再び就活してるわけだが、今回は前職のは万が一の事も考え、正直にしてるが、それ以前のは前回同様詐称してる。

詐称をする事へのリスクについて俺が思うことは、俺程度を採用してくれるような会社がわざわざお金を使ってまで身辺調査をするわけないんだな。

それに就活時に詐称をする人としない人とでは、する人のほうが圧倒的に多いんじゃないかな。

それが小さなものであろうと、大きなものであろうと、「詐称」という意味では同じ同等だと個人的に思う。

時には正直さを捨てる勇気も必要なんじゃないだろうか。

コメント

ビルメンやってた時は同じ人間として見られてなかったからな
辞めて正解だったよ。今は事務職やってるがやはりスーツ着て働くのは良いね

>みゅうたんとさん

事務職に転身とは凄いですね^^

>>世間の人たちは、俺(他者)の過去なんかそんなに関心ないんで

よくメールやコメントで相談を受けるんですが
履歴書の空白が気になって就職活動ができないという人がとても多いです。悩むくらいなら詐称して埋めたほうが早いです。

そして自分が有名人かなにかのように特別に世間の注目を浴びる存在であると思い込んでしまっている方もいます。

俺ら底辺人なんて誰にも見られて無いと思うんですがね・・・・

>nolfaさん

激しく同意です!
俺らは行動(詐称含む)を起こしたからこそ、実感があるんですよね。

それと俺も、誰も注目してないのに注目されてるような感覚がありましたね。
実際は誰も関心持ってないんですが・・・

最後の行も激しく同意です!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pakao.blog104.fc2.com/tb.php/201-b38831f1

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2Ad

    Template by たけやん