パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

面接うけてきた

面接は2対1

支店長みたいな人と次長。

はじめは履歴書の左側の名前、住所、学歴、職歴とかの確認。

で、それが済んだら急に支店長みたいな人が高圧的な態度になった。

そして業務経験とか色々返答したあと、志望動機への難癖が凄まじかった。

別に変な内容じゃないし、学校の先生や同級生や紹介会社の担当とかも大丈夫だと言っていたのに、支店長は「カッコつけてんだろ」「本音は違うだろ」「本音を言え」、とか言ってすげー難癖つんの。

で、「本音はこうこうこうです」なんて言ったら、それについてさらに難癖つけると思ったから貫き通した。

あと、遠まわしどころかほぼダイレクトに「本気でこう思ってるなら世間の人はパカ山さんを頭おかしい人だと思うぞ」とこういう言い回しを何度も言われた。

で、難癖つけながら色々ご指摘を受けたんだが、俺の頭が悪いからなのか殆ど理解できなかった。

そしてどう考えても志望動機への難癖(同じような言い回しを繰り返す)だけで1時間以上費やした。


ちなみに俺は最初から最後まで嫌な顔をせず、面接官の目を見ながらしっかり返答したし、面接官が俺に視線を向けてる時間を100%としたら99%は面接官の目を逸らさずに直視して返答した。

正直、何度もキレそうになったし、中断して退出しようと思ったが、逆に負けてたまるかと思い、面接官が終了を口にするまで真摯に受け答えした。

(この日記を書いてて、俺も図太くなったな、と思ったw)

で、会社を出て時刻を確認したら面接開始から1時間45分が経っていた(予定では1時間程度)


面接を終えてから無意識に「はい。はい。はい。はい。そうです。はい。はい。そうです。はい。はい。はい。そうです。はい。はい。」と声を出して呟いてしまっている。

1時間45分という時間で今までの人生ではありえなかった回数の受け答えをした後遺症だろうなw


ちなみに支店長によると二次面接に進んだ場合、本部で面接するんだが「もっと厳しいよ」と言ってたw

まあ俺にも原因があるのかもしれんがw

とりあえず、今日は超絶疲れたw

今後はさすがにこんな長時間な面接はないだろうなw

良い面接の練習になったと思いたいw

コメント

おつかれさまです。
これは合格フラグが立っているかも。
自分の意志で決めて進むのもいいけれど、無意識に耳を傾けて流されてみるのもありかもしれない。
今は苦労しても経験と貯蓄で備えよという事かもしれないですし。
ただ、1時間以上の圧迫面接と「世間では~」の言い回しが気になる。

なんだか あまりいい会社では
ないような気がします。
僕は実際に体験してないので
断言はできませんが・・。

おつかれさんです。
パカ男さんがおっしゃる通り、練習と割り切っちゃえばなんてこないですよ。
(逆に内定出たら色々考えちゃいますけどね...)

1時間は長いですね

志望動機は何て書いたんですか?

>ヴィルメン志願者さん

どうもです^^
この会社で頑張っても、余所で評価されるような経験は積めないですね。
転職時に苦労しそうです。
面接で現場の声を聞いたら絶対に入りたくないと思いましたw
説明会での人事の人の話と全然違うw
支店長が「人事は現場の事ぜんぜんわかってない」と言ってましたしw
次長が「辞め時を誤ってここまでズルズルきちゃったw」と面接で言うようなところなんですw



>なかもとさん

普通にブラック企業ですw



>職歴ロンダさん

どうもです!
その通りですよねw
仮に2次面接の連絡が来たとしても辞退しますw



>もりさん

同じ話題で1時間はしんどいですw



>あほさん

内容は転職での志望動機のお手本みたいのを参考にしたんでありふれた内容です。
この会社を志望する人の模範的な内容じゃないからしつこかったんですよ。
こう書いて欲しかったようです。

実際にあったやりとりですが、
「このような内容だと宜しかったんでしょうか?」
と言った後
「御社は大企業で経営が安定しておりどうのこうの~~」
と言ったら、「そうだ」と返事が返ってきました。
要は媚を売れという事だそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pakao.blog104.fc2.com/tb.php/203-163b89a3

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2Ad

    Template by たけやん