パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

したい

気が多くて日常生活で目にする様々な女性が気になってしょうがないんだけどね、その中のうちの何人かにアプローチしようと思い、4人まで絞った。


1人目 最寄駅前のお菓子屋さんの店員。俺の記憶が正しければ2年前からそこで夕方からバイトしてる。俺のことは認識してる。手紙でも渡してみようと思ってるんだが、レジの客があまり途切れないので相手に恥をかかせずに手紙渡すのが難しい。あと、バイトなんでいつ辞めるかわかんないから今すぐにでも渡さないとダメだ。

2人目 勤め先の建物のオーナー直営のテナントの店員。連絡先を伝えるか聞き出すかしたいんだが、そのシチュエーション(2人だけ)を作る・または出くわすのがすげー難しい。

3~4人目 勤め先の建物の飲食店の店員。同一店の2名。連絡先を紙にでも書いて渡そうと思ってるんだが、どっちに渡そうかずっと迷ってる。


たぶん4人とも連絡先を教える事さえできればお茶くらいは出来そうな気がする。

今月中旬までに全員アプローチしたいと思ってる。

前の会社の時、勤務先の建物のテナントの2名の女性従業員に手紙を渡して2人ともお茶できた経験があるんだ。

だからこそ上記の4人も連絡先さえなんとかなれば、なんとかできる気がしてる。

俺から動かないとどうにもならないから行動するしかない。

チ●チン爆発しそうだし

コメント

お~、いいですね。応援してますよ(*^^*)
うまくいくといいですね(^-^)v

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>みみさん

ありがとうございます^^
行動起こせるように頑張ります!!



>管理人のみ閲覧できますさん

お久しぶりです!

勤め先のビルのテナントの従業員の方だったんで、会話という会話はした事なかったんですが日常的に挨拶はしてたんで顔見知りということで警戒心も少なかったからこそ、返事をもらえたんだと思います。
管理人のみ閲覧できますさんの場合はレジで笑顔で挨拶して二言程度で終わる会話でも振って反応をみてはどうでしょうか。
そのほうがもう店に行けなくなるというリスクを減らせるんじゃないでしょうか。



>管理人のみ閲覧できますさん

俺は女性と会話するのは抵抗ないですね。
二十代から三十代の男女だったら、女性と会話したほうがラクです。
テキトーに相槌うちながら話しの内容をひたすら肯定してあげてれば勝手に喋ってくれますからね。
ひきこもりからナ●パをしてましたが、長いこと女性の目を見て会話できない、自信のなさから声が細い、など他にも多くのマイナス要因から自信がなく、まともに会話できなかったんですが、何年もかかりましたが自分のダメな部分を一つ一つ精神的に克服できるように努め、時間がかなりかかりましたが女性に臆することなく会話(対話)できるようになりました。
あくまでも「会話」だけですがね。
学生という身分の方だったら環境的に必死に努力すれば短期間で女性への苦手意識を克服できるかもしれませんが、そういう立場でない状況だとかなり時間がかかると思います(自分の実体験として)
俺の場合はナ●パがきっかけだったんですが、ある意味コミュ障にとっては究極の荒療治だったと思います。
自由な時間がたくさんあったからこそ打ち込めましたが仕事しながらだったら自分は無理だったなと思います。
俺の場合はナ●パで出会った人よりも何かしら接点のある女性のほうが会話を弾ませることができますね。
エッチばかり求めるナ●パ師は前者のほうが会話がラクだという人も多いようですが。
年齢のわりに俺は女性の経験値はかなり低いですが、ナ●パを通して多くの女性と会話してきたので「会話力(対話力)」だけは向上できたと思います。
少しずつ地道に経験を積み重ねた結果ですね。
とにかく俺らのような女性と接点がなく、モテない男はお金を遣ってでもたくさん恥をかいて経験値を積んでいくしかないと思います。
ご自身のスペックに自信がないとの事ですが、俺は低身長、ハゲ、低学歴、低収入などなど、マイナス要素を挙げたらキリがないです。
でも、無職でも彼女がいるチートみたいな人もいます。一種の才能かもしれませんが。
究極にモテる人は自分のコンプレックスを言い訳にしない人らしいですよ。
そういう人は堂々をしたように見えるようです。
支離滅裂な文章になっちゃいましたが、つくづく俺らみたいのは時間をかけてがむしゃらに思考錯誤し、何かしら行動し続けるしかないんだって思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>管理人のみ閲覧できますさん

応援ありがとうございます^^
お互い、ネガティブにならないよう頑張りましょう!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pakao.blog104.fc2.com/tb.php/248-b47653c9

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2Ad

    Template by たけやん