パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

12月30日の日記

親戚で集まった。

なぜこの年末になのかというと、親戚の中に今年不幸のあった人がいるため。

楽しくないのは承知だが、休みだし何も予定ないから参加した。


俺は例のごとく話しを振られないかぎり、口は開かなかったんだが、一度だけ話題に乗ったよ。

弟が幼いころから何でも出来るっていう話題になってる時に、俺は思わず乗っかってしまい、「なんでも出来て羨ましいよなー」、と素直に思ってる事を言ったら、会話が止まった・・・

底辺スペックである俺からの賞賛の言葉は周りの人達からすると、とてもとても重みがあったようだ・・・

そして哀れに思えたようだ・・・

改めて親族の中での評価の低さを認識した。


そしてお約束の祖母からの結婚しなさい口撃。

「弟達も結婚したんだからあんたもしなさい」、「またパカ男が最後になっちゃったね」、と。

あと毎回、言われるんだけど、「パカ男が結婚するまではおばあちゃん頑張るから」

これはマジでキツイ。

それと俺に会う度に死期が近づいているかの勢いというか、今すぐお迎えが来るかの勢いと悲痛とも言える面持ちで、「この事(結婚)をパカ男に言っておきたかったんだよ、言えてよかったよ」、って言うんだよね。

で、例のごとく、「はい」「はい」「はい」、と、空返事で返答。

が、いつもは一度で結婚しなさい口撃は収まるんだけど、今回の集まりでは何度も結婚しなさい口撃してくるの。

で、何度目かで俺も嫌になってきたから、「結婚無理です」、と返答した。

すると、「一人だと年取ったとき誰に看取ってもらうの、子供が居ないと看取ってくれる人いないよ」、「結婚しないとダメだよ」、これがずっとループ。

で、俺が「世の中には出来る人と出来ない人がいるの。俺は出来ないの」、と言ったら、「パカ男ならできるよ」と返ってきてこれがループ。

で、「こんな話ししてるとみんな暗くなっちゃうから止めようよ」と言ったら、「そうか、じゃあ止めようねえ」、と低いトーンで言ってくれて収まったが、祖母は人生に絶望したかのような表情をしていた・・・

そして、重苦しい空気で周りはみんな曇った表情を・・・

弟1号の二人目の子供が来年産まれるとか、二号が今年良い人と結婚できて良かったねー、とかで良い雰囲気になっていたんだが、俺のせいで場の空気が壊れてしまい申し訳ない・・・

そして、当たり前だが誰一人として俺に女性を紹介するというような話しをしてこない。

これが俺への男としての評価だ。

親族は消費税が上がり物価も上がったけど、給与が上がり、円安で逆に勤め先の利益も上がってホクホクとか言ってる人達で、俺のような底辺業界で薄給で昇給は全くない会社に勤め、消費税が上がり物価が上がり実質的に給与が下がっている俺なんかゴミクズだからねぇ。

祖母に「40歳くらいで人生終えたいと思ってるんだ」、と言いかけたけど、祖母の前でだけは絶対に言ってはいけない事だからなんとか抑えた。

祖母はまったく悪気はなく、純粋に俺の事を心配してくれてて、その気持ちはありがたいんだけど、なんというか、俺にとっては公開処刑なんだよねぇ・・・

そっとしてください・・・

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>管理人のみ閲覧できますさん

こんばんは^^

やはり今回も非常に居づらかったですねぇ。
昨日改めて痛感しましたが、今後は居づらさが年々さらに上昇していくのだろうなと。

今年もありがとうございました!
良いお年を(・ω・)ノシ

あけおめです。

我が家は盆も正月も親戚が集まるようなことはなくなりました。
こちらからどこかへ行くこともありません。

兄弟そろって、低収入非モテコミュ障なので
自分はおろか弟が先に結婚して、肩身が狭くなるなんてこともないですし
数少ない親戚も我が家の惨状を十分承知しているので
彼女・結婚の話を振ってくることも決してありません。

気楽ですが、誰からも結婚プレッシャーがかからないので
それでいいのかという気もします。
できるなら親に孫の顔を見せてやりたいという
気持ちはあります。気持ちだけです・・・・

自分はブログの更新をしていませんが
パカ男さんのブログに時々コメントをするのが気晴らしになっています。

できるだけ長く続けてほしいと思っています。

>nolfaさん

あけましておめでとうです^^

生涯独身率が年々上昇していますが、本当はそういうのに安心していてはいけないのでしょうねぇ。
おそらく、自分の親や祖父、曽祖父の世代なんかは結婚したくなくてもするしかなかった時代なのかもしれません。
生物は本能的に子孫を残したいと思うのが自然のようですから結婚できそうな人は先々をあまり考えすぎずにしてしまったほうが良いのでしょうね。

ブログについてそう言って頂けるのはとてもとても嬉しいです!
ずっと続けるつもりなので、こんなブログでよかったら今後も宜しくお願いします!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pakao.blog104.fc2.com/tb.php/290-ddaba0e3

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2Ad

    Template by たけやん