パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

どのような行動を

某国でテロがあったじゃない。

日本で起きたらどうなるんだろうってちょと考えちゃった。

特に気になるのが労働者。

日本人は台風でも大地震でも仕事・職場に向かうじゃない?

台風の時、電車通勤の人は電車で職場の方角に行けるところまで行くし、普段電車通勤の人が自家用車で職場まで行ったりする。

大地震の時でも台風の時とほぼ同様だよね。

前に日本人のそのような行動を海外からすると狂ってる、みたいな記事を目にした気がする。

日本人って小学校に入学すると基本的に病気などで体調悪くても学校行くじゃない?

言葉を一言発するとゲロッちゃう状態でもね。

「学校」というくくりの雰囲気からくるものなのか、教員達が漂わせる空気感によるものなのか、大昔に政府が国民に植えつけたものが文化として引き継がれているのかわからないけど、小学生になると「休まないのが当たり前」「休んではいけない」になるよね。

あくまでも俺が通っていた小・中・高での空気感だが。

そのような「休まないのが当たり前」「休んではいけない」というのが義務教育の時から植えつけられてるから、社会人になると仕事に対する責任感もあって、更に拍車がかかり、かなりの体調不良であれ、自然災害であれ、出勤する。

千代田区や港区の政府やビジネスの主要なエリアでテロが起きたら日本人はどのような行動をとるのだろうか。

テロが起きたエリア周辺は一般人は出入りできないように封鎖されたとしても、普段封鎖エリア内の民間企業に勤務している人は封鎖の境目くらいまでは出勤・出向くように思う。

だって、地方支社や海外支社は営業してるじゃないの。

千代田区や港区に本社がある企業の本社機能が止まってると業務に支障が出るからね。

なので日本人の多くは自信の身の安全よりも職場に向かう事を優先すると思うよ。

鉄道が止められたら自動車、バイク、自転車で職場に向かい。

主要な道路が封鎖されたら自転車や徒歩で行けるところまで行くんじゃないだろうか。

あくまでも俺の個人的な想定だけどね。

誰が考えたのか知らないけど、日本の労働者を一言で例えるのに「社畜」という言葉があるがとてもよく的を射ているなと思う。

俺も社畜らしく、途中で電車が止まる可能性があるのを承知で台風や地震でも職場に向かい、出勤してきたし、テロが起きても出勤する意志があるフリはするだろう。

ほんとおかしいよね

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pakao.blog104.fc2.com/tb.php/338-c6bad0c7

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2Ad

    Template by たけやん