パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

昔の記憶が

今、アニメ・ドラゴソボールを観てたのよ。

でね、フリーザがクリリンの胸を角で貫いたのよ。

で、クリリンの血が角を伝ってフリーザの口元に流れたきたのよ。

するとフリーザは口元の血を舌でペロッと舐めたの。

その描写を観て、高校1年生の時の記憶が蘇った。

濃い読者の方なら俺が底辺高校の出身でヤンキーからイジメられ、パシリにされてたの知ってると思うんだけど。

でね、ヤンキーの誰かの家に居た時にイケメンヤンキーがナイフで遊んでたら左手の人差し指の先を切って出血したのよ。

すると他のあるヤンキーがイケメンの一指し指を持ち、にこやかな表情で俺の目を見つめながら指先の血を舌でペロッと舐めたのよ。

俺はビックリするよりも、引いた・・・

更にあるヤンキーはイケメンの指先を口に咥えチューチューやりだしたの。

鳥肌が立った・・・


そんな事を思い出した。

しかし、あるヤンキーは他人の血を吸ったことで何か病気を貰ったりしなかったんだろうか・・・

今、思い出しても何とも言えない気持ちになる・・・

今、思うとヤンキー達は変人ばかりだったなー

仕事でも相当な変人達と働いてきたけど、そういう人達とはまた別次元の変人達だったなー

俺はいつか氏ぬんじゃないかという緊張感が常にあったなー

良くも悪くも懐かしい記憶だ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pakao.blog104.fc2.com/tb.php/350-25129e82

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2Ad

    Template by たけやん