FC2ブログ

パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

11/3 

JJ 岐阜 昼夜





まずは名古屋駅へ

20181103_1.jpg



名古屋駅の新幹線ホームのきしめん屋で昼食。

20181103_2.jpg


次、名古屋来たら、牛肉きしめんとおいなり食べたいと思ってたんだ。

牛きしめんの牛肉は某牛丼店みたいな感じだった。

20181103_3.jpg


今回食べてみて本当にきしめん気に入っていると実感した。

関東にこの店があったら週に1度は食べに行くのに。



名古屋駅から在来線で岐阜駅へ。

18分くらいで着いた。

名古屋と岐阜って近いんだね。

20181103_4.jpg

20181103_5.jpg



駅前

20181103_6.jpg

20181103_7.jpg



中央の金色の像は織田信長像らしい。
近くまで行く気力なかったw
岐阜はどうやら織田信長のゆかりの地っぽいんだが歴史勉強しなかったからよくわからん。

20181103_8.jpg

20181103_9.jpg



途中にあるシャッター商店街
駅近くにこんな感じの商店街がいくつもあった

20181103_10.jpg



ライブハウスのある柳ケ瀬商店街
ここもシャッター商店街だった
名古屋が近いから、みんなそっちで買い物するのかな

20181103_11.jpg

20181103_12.jpg



会場のクラプ-G

20181103_13.jpg


このライブハウスは元映画館らしくて、フロアにいくつも段差があり、観やすいことで評判が良かったので一度、行ってみたかったんだ。

入ってみたら本当に段差がいくつもあり、非常に観やすかった。

個人的にライブハウスの観やすさを評価するとSかAだな。

また来てみたいと思わせる会場。


先日、何の前触れもなく、突然、公式サイトにてヤナガワさんの卒業発表があり、卒業発表後、今現場が初の公の場となった。

昼公演の開始から少し様子のおかしいメンバーがいた。

最初の3曲を終えてからMCという流れなんだが、ヤナガワさんが改めて卒業発表したのよ。

すると他のメンバーが一斉に泣き出した。

当のヤナガワさんは泣きもせず、カラッとした表情で吹っ切れた感が溢れていた。

その後のパフォ中もヤナガワさん以外泣いていた。

歌詞がメンバーを連想させるものの時なんか、むせび泣きながら歌ったり。

特にミヤザキさんは終始、目を赤くして泣いていたな。

俺としてはヤナガワさんはJJ加入してから相当努力してきたようで歌、ダンスがとても向上していたからこそ卒業発表は本当に驚いたな。

加入当初はヤナガワさんがグループの色に合わないと思い込み、一方的に違和感を感じていた人が俺を含めて多くいたと思うが、気づけばヲタから認められなくてはならない存在となっていた。

歌唱パートに見せ場あってね。

ヲタには見えないところでも相当頑張っていたからこその今があるのだろうな。

ダンバラさんと二人で将来JJを背負っていくものだと思っていたし。

MCでの卒業発表中は俺も目頭が熱くなったし、鼻水出るかと思ったわ。

公演中、俺は何度も心の中で「8人のJJ良いな」と呟いた。

正直、ヤナガワさんには卒業してほしくない。

もったいない。

でも、引き際としては最高のタイミングで綺麗にアイドル人生を全うできるよね。

最後まで見届けたいと思う。


夜公演は普段通りな雰囲気だった。



会場からの帰り道で織田信長バス。
本当に織田信長が好きな街なんだね。

20181103_14.jpg


さらば岐阜
20181103_15.jpg

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>管理人のみ閲覧できますさん

どうもです。
ヤナガワさんの卒業発表はハ□ヲタにとって今年最後??のサプライズでしたね。

推しの凱旋行かれるんですね!
またいつか推しの凱旋体感したいものです。
八王子は座間ほどではないでしょうが落選祭りなのでしょうね。
大阪は外国人観光客がホテル埋めちゃうので今のうちから予約しとかないとすぐに埋まっちゃいますよね。

年次点検終えられたんですね。
うちは1月なんですがうちの会社の物件の中でも最上位ランクにキツイので憂鬱です。
各種変更で保健所行くと思わぬ質問、突っ込みがあるので面倒くさいですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pakao.blog104.fc2.com/tb.php/478-0a251b9b

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    Template by たけやん