FC2ブログ

パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

16年前 16年後

昔、某大学の某サークルが集団で複数の女性に酷いことを繰り返し行っていたという事件があり、元代表者が昨年出所しており、マスメディアから取材を受けたという記事をネットで読んだんだけどさ。




事件が発覚し、連日のようにメディアに取り上げられていたのは2003年で約16年前らしい。

2003年当時は俺は引きこもっており、外出は図書館へ行くときくらいであった。

それも家から遠く離れた図書館へ。

歩いて1時間くらいの距離のいくつかの図書館ローテーションしていた。

家から離れた図書館をローテする理由は、遠く離れた図書館なら俺の顔を知っている人と遭遇する可能性が低くなる為であり、いくつかの図書館をローテする理由は図書館の職員に顔を覚えられない為だ。

ひきこもりにとって知っている人に姿を見られることは嫌なことであり、姿を覚えられることも嫌なことなんだ。

犯罪逃亡者のような心情と例えればわかりやすいだろうか。

そして今回、ネット記事を読んで2003年当時、図書館に置いてある週刊誌でこの事件の記事をいくつか読んだ記憶が蘇った。

元代表者の顔が白黒印刷で掲載されていたのも思い出した。


当時の俺が約16年後の今の俺の状況を知ったらどう思うのだろうか?

「就職して社会復帰できたんだね」

といった反応だろうか。

「39歳で独身かよ。本当に女に縁のない人生なんだな。俺男として本当に終わってんな」

かな。

今の俺自身としては、23歳当時と39歳の今のどちらのほうが状況が良いかは選べない。

が、マシだと思うほうを選べとなったら23歳だな。

今のほうがヤバイと思うね。

ここしばらくブログを更新してなかったのは単純にアイドル現場通いで更新する余裕がなかっただけだもん。

2014年もガッツリ更新しなかった時期あったけど同じ理由。

昔のことで誰から聞いたか忘れたが、「ゲームは何も残らない」、という一言が今でも心に残っており、時々思い出す。

人それぞれだろうけど、俺の場合は、アイドル現場通いも何も残らないと思う。

小中学生時代にアホみたいにゲームやってた頃とかわらない。

何も得るものはない。

得るものはないはずなんだが、遠征で行ったことのない街に行ったり、新幹線の券の購入や乗車の仕方、ホテルの予約や宿泊を経験するということ等を免罪符のようなものとし、自分を誤魔化している。

JJ現場には俺の10年、20年先の姿の人生の先輩達が大勢いるが俺もそうなるのだろうか。

現状は今の現場通いを続けるつもりだが、小中学生時代ゲームにハマっていた頃よりもヤバイ状況である自覚は大いにある。


職場ではまだドルヲタなのバレてないようだけど。

俺、鈍感だからつい最近まで気づいてなかったけど、同僚からヤバイ過去だか、何かを隠していると思われているようだ。

元ひきこもりであることや経歴詐称を疑われているようではない。

40歳近いのに独身だから同棲愛者であると疑われているようでもない。

これについては別の機会に書きます。

とりあえず、今冬、今のところカゼやインフルになることなく過ごせてます。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pakao.blog104.fc2.com/tb.php/479-8b9f32b8

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    Template by たけやん