パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

昨年11~12月にバタバタしてたってのを書いてみます。

寒くなりだすと高齢の方が体調を崩されるのはよく聞く話ですが母方の親戚が立て続けに崩され、不幸も重なり、祖母まで入院した。
なんと言うのが適切なのか思い浮ばないんだけど、「親戚とのやりとり」でいいのかな?、そういうのに一番応対できる状況にあるのが祖母を頂点としてその子供、孫の中からだと俺だったのでやってみた。
で、親戚との連絡、お見舞い、葬儀の手伝いなどを続けて経験した。
それらと平行して祖母の入院先にも上記のことがないとき通った。
祖母は入院初期は手、足、腰の拘束が厳守という状態・治療方法だった。
体の色々な所に管が挿入されてるのでそれらを外さないためなのと常に一定の体制を保っていないといけないからだ。
で、それではあまりにも可哀相なんで医師にしっかり見守るので家族が付いてるときは拘束を外してもらえないかと話し承諾を得た。
で、みんなで話し合い面会時間である7~21時までは誰かしら付くことになった。
祖母が病院に運ばれて駆けつけてからは手続き、処理、祖母の手伝いなど入院中のあらゆることを経験させてもらった。
はじめこそ気が重かったけど祖母が全快した今となってはこの年齢で上記のことらを経験しておいて良かったと思えるし(不適切?)、今後それなりに対応できるんじゃないかと思える。
普通に仕事に就いていたら経験できなかっただろうし、いざそういう状況になっても対応できないと思う。
あと家庭のことでも色々とあったんだけど書けない内容で書けるとしても数年後かなーといった感じです。
まあとにかく今後また波が来るかもしれないけど今は落ち着いたということで就活がんばりまっす!

読み返してみるといつも以上にめちゃくちゃな文だなw

コメント

孤独日記管理人です!
パカオさん、また相互リンクお願いします^^

>孤独日記さん

了解しました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pakao.blog104.fc2.com/tb.php/5-68ee11d9

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2Ad

    Template by たけやん