パカ男きこう

のろのろすすむよ どこまでも

4/4(日)は宿直明け

帰宅したあとアキバまで浄水器を買いに行き、ついでにゲームソフト買ったりした。



4/5(月)公休

ここで映画観てきた。

上映されている作品が観たいわけでもなく、ただなんとなく映画みてみようと思って。

2本立てだった。

シャ●ル創始者の若き日みたいのだったんだけど、それ観てて高校時代の記憶が蘇った。

俺が通ってた高校はDQN底辺校だったんだけど入学したとたんぶったまげた。

2~3年の女子上級生たちが通学にそれまで見たこともなかったシャ●ルのバッグを使ってたんだ(当時の女子校生の間ではシャネル最強だったはず)

貴金属もシャ●ルとかだったし。

俺が高校入学した当時はガングロギャル、円光の最盛期だったんで上級生の女子達はいわゆる「パパ」から金銭、物品を貰ってたんだ。

俺は入学してすぐにDQN達のパシリになったから嫌でも上級生の男子、女子と同じ空気を吸い、興味のない色々な話を聞くこととなった。

例えば円光の話を一部抜粋すると、男子の先輩が「E子がやたらと金持ってるから問いただしたらパパがいやがった」「この前、D子のPHSからパパの番号消したんだけど頭に入ってやがった」

こんな感じの沢山聞いた。

そういうのもあって俺の中で、シャ●ル=下品、みたいな位置づけになってしまった。

で、肝心の映画なんだけどシャ●ル創始者もそんな感じの生活してた時期があったんだねー

もっとスケールデカイけど。

高級ブランドは海外ではそれなりに年を重ねたお金に余裕のある人が持つ物らしいけど、あの映画を観てからは円光ギャルにこそ相応しいんじゃないのって思える。

コメント

パカ男さんならではの解釈で、本当に面白いですね。

確かに、日本の有名人でも、シ〇ネル好きを公言してる連中って、全員下品ですね。

ブランドには当然、創設者の人格が反映されている筈で、DQN共は、ココ・〇ャネルのDQNな部分に無意識のうちに共感しているというわけですね。

黒田さんのコメントが非常に的を射てて共感できました。しかしすごい学校ですね。
俺も定時制高校を出てるのですが一年生の終わりの辺りで既に半分くらいは学校やめてます(笑)
卒業生の進路は自分みたいに大学進学した人はほんとに小数で大部分は進路未決定でしたよ。俺はこいつらとは違うと思い多くの人がサボったり遊んだりしてる時に黙々と勉強していたんですが、案の定今は非常に大きな差になりました。定時制高校もアリとキリギリスを非常に実感出来た学校でしたね。

>黒田さん

俺の考えを的確にわかりやすく代弁くださりありがとうございます。
似たもの同士が引き寄せ合うってことなんでしょうね。
日本の一昔前の女子校生は世界の中でも特に敏感に汲み取っていたということなのでしょう(なんてねw)
でも品のあるシャ●ル好きも沢山いるとも思っています。


>ユウさん

高校時代はマンガやドラマの世界が大袈裟ではないって痛感しましたね。
事実は小説より奇なり、だと。
しかし、ユウさんは若い頃から芯の強い方だったんですね。
立ち回り力は若い頃からの積み重ねなのでしょうね。

実は俺が本来4年かかる定時制を3年で卒業して進学出来たのは中学校卒業前に決めた目標があったからなんです。
その為には勉強しようと思い、俺はただ自分の計画書どおりに動いてただけなんです。ダラけてたる中退してく人との差は目標があったかどうかだけなんです。ちなみにこちらもヤンキーギャルオタク率は高かったです(笑)タイマン張れと言ってきた奴がいましたが、そいつは争う前に違うグループに潰され学校に来なくなってしまいました(笑)真面目が一番ですね。

あとパカ男さんがblogで書いてくれたから俺も目黒シネマでシャネルの映画を見ることができました。良い映画を紹介してくれてありがとうございます。

>ユウさん

中学生にして明確な将来の目標があり、計画通りに努力していけるなんてなかなか出来ることじゃないですよね。
芯が強いのでしょう。

シャネルの映画観たんですね!
もう一つのほうのも似たようなテーマ?でしたが考えさせられる内容でした。
あと、目黒シネマいいですよね!
館内の雰囲気、シートの座り心地、客層、が気にってます。
ちょと古い映画ばかりですが俺は気にしないんで今後もちょこちょこ行く予定です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pakao.blog104.fc2.com/tb.php/50-04993de8

 | HOME | 

文字サイズの変更

 

  • はじめに

  • プロフィール


  • 詳しい経歴は過去ブログ(2007.12~2009.12)をご覧下さい

  • メール
  • 最新記事

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    FC2Ad

    Template by たけやん